柔道ジュニアの上達法

柔道ジュニア選手のための、稽古中にケガをしない、体が小さい・力が弱い子供でも勝てる上達法を紹介しています。今より強くなり、一本勝ちさせませんか。

体が小さい子供が勝つ!田口教継先生の柔道上達革命

 

当記事をスマートフォンで
ご覧になる方はコチラからどうぞ






 

◆小学生・中学生・高校生と柔道を強くさせたい



体が小さく、柔道の試合に勝つのは
無理と言われてきた我が子が・・・


たった90日で格段に上達し
体が大きい相手を投げ
見事試合に勝利できた



そんな秘密を知りたくありませんか。

アナタのお子さんの柔道は、
田口教継先生の教えで伸ばすと、
上達が格段に速くなるのです!




⇒柔道上達革命はコチラ






 

◆小さい体は柔道は不利?





アナタのお子さんは、柔道に対し、
積極的に練習に励んでますか?

時には、試合に負け、お子さん自身が
落ち込むこともあるでしょう。

また、保護者であるアナタも、
このような悩みはありませんか?



「うちの子は体が小さいから」

「女の子だから腕力がまるで弱くて」

「クラスの中でも運動神経が鈍い」

「そもそも小学生で低学年だし」




など、様々な悩みはあると思います。

ですが、子供同士での柔道の試合が行われ、
どちらかの子が必ず勝ちますよね?

どちらの子もそんなに力が強くないとして。


では、柔道で勝つ子の条件とは?


成長期の真っただ中にもかかわらず、
試合に勝ちぬく子は必ず出てきます。

アナタのお子さんと、
一体何が違うのでしょうか。



 

◆田口教継先生から教わることで





時にアナタは、田口教継さん
という男性をご存じでしょうか?

彼は、中学時代から柔道をはじめられ、
実績ある柔道の先生です。


高校時代では埼玉県大会において
団体・個人の部でそれぞれ準優勝。

また、新日本製鉄(株)の柔道部では
全日本実業柔道個人選手権で第3位、
及びに国体出場をもされました。


今は、小学生から高校生までを対象に
積極的に後進の指導をされてます。

確かに、受動選手としての実績だけなら、
田口先生より凄腕の選手はいるでしょう。


ですが、アナタにとって重要なのは、
彼の今の実績うんぬんよりも

【子供に教えるのが上手いか】

ということが気になりますよね?


そう、実績があるからといって、
柔道の指導も上手いとは限りません。

その点、田口先生は、小学校の
低学年から中学生・高校生の目線に立ち



・何ができないのか

・どんな悩みの壁に
 ぶつかっているのか




という、子供目線での指導に優れ、
次々とお子さんが上達していくのです。

それも、例えアナタのお子さんが今、
体が小さくても、体力があなりなくとも、
そこは一切心配しないでください。


では、田口教継先生が出張で指導して
くださるのかと言いますと、いいえ。

彼の柔道指導のノウハウが、
2枚組のDVDに178分間
詰められているのです。


アナタは、それをお子さんに
見せてあげればいいのです。

頭ごなしに怒鳴りつけたり、
厳しい練習を課する必要は一切ありません。


 

◆ウチの子が一本勝ち!





想像してみてください。


今まで試合で一度も勝てなかった、
アナタのお子さんが一本勝ちできたら?



そんな、我が子が強くなる姿を、
アナタだって見たいはずです。


せっかく、お子さんが進んで柔道を習い、
練習に励むのでしたら、どうせなら、
試合に勝ち続けたいですよね。



今よりも、強くなり、
一本勝ちすることができますよ。


このトレーニング法を実践し、
立稽古や試合で主導権を握り、
勝てる強さをものにしましょう!




⇒柔道上達革命はコチラ